複数ローンは一本にしよう|初めてでも海外プリペイドカードがあれば安心|旅行のお守り

初めてでも海外プリペイドカードがあれば安心|旅行のお守り

クレジットカード

複数ローンは一本にしよう

貯金箱

一本化したい理由とは

借入先が増えやすいローンと言われるカードローンは、用途が幅広いので生活資金全般に使うことができます。ローン一本化、事業資金、投機性資金などに使用できるカードローンもあり、多目的ゆえに使いすぎに陥りやすいのです。一つのローンで目的の金額を借入できない場合は、他社ローンに申し込みするしかありません。そうやって借入件数が増えていき、各ローンの返済シミュレーションを立てるのが大変になり、借入状況の把握も難しくなっていきます。借入先が増えるほど延滞のリスクも大きくなるので、早めに借り換えをしてまとめてしまいましょう。例えば3件から1件に減ると、返済計画を立てやすくなりますし、返済配分を考える必要もありません。返済日も一本化できるので精神的に楽ですし、返済を忘れて遅延損害金が発生するトラブルも回避できます。

今より低金利ローンを

高金利のカードローンと言えるのは18.0%超〜20.0%であり、一部のサラ金で設定しています。大手の消費者金融だと18.0%以下が普通であり、銀行だとさらに低いので、借り換えをするなら銀行ローンが最適です。おまとめは複数ローンを一本にすることですが、借り換えは1件から乗り換える場合も指します。借入先が1件しかなくとも、より低金利カードローンに変えることで利息という負担は減ります。カードローンの手数料である出金手数料・振込手数料などを重視する方は多いですが、利用者にとって最大の負担となるのは利息です。利息を抑えるためには月額の返済金を増額することも大切ですが、低金利ローンに借り換えする対策も必要でしょう。銀行カードローンの場合は総量規制外のため、希望額の借入がしやすいのが特徴です。